家の雨漏りは早めに修繕を

  • マンションの雨漏りの原因について

    • マンションの雨漏りの原因としては屋上の防水塗膜の劣化によるものと、外壁のひび割れ・穴あき、ベランダ・バルコニーの防水塗膜の劣化・ひび割れ・穴あきと主に3種類に区別することが出来ます。

      屋上の防水塗膜は風雨や紫外線にさらされることに加えて、屋上であることにより劣化により防水性能が落ちた場合でも気づきにくい場所でもあります。

      修繕の目安は10年から15年程度とされており、定期的に点検を行い施工時期の判断を行う必要があります。
      地震などによる外壁のコンクリート部分のひび割れ・穴あきによるマンションの雨漏りの場合、建物内部へ浸水が起こっている場合もあり躯体内部の腐食や劣化を引き起こすこともあります。

      屋上より点検が容易に行えるため、チョーキング現象や塗膜の膨らみなどを気を付けて目視するとよいと思われます。

      こちらは12年程度が修繕の目安とされていますが目視を行うことにより、よりよい修繕時期にて修繕を行うことが出来ます。
      ベランダからの雨漏りの場合には屋上のように防水塗膜の劣化による場合と、外壁のようにコンクリート部分のひび割れ・穴あきによる場合のこともあります。

      目的に応じたロケットニュース24情報といえばこちらです。

      ベランダの防水塗膜は人が歩いただけでも劣化します。

      家雨漏りの情報を知りたい方必見です。

      そのため、防水層の劣化が確認出来た場合にはすぐに修繕を行う必要があります。
      また、ベランダは雨水を貯めやすいため、その雨水がコンクリートを劣化させひび割れ・穴あきによる雨漏りを引き起こします。



      以上の他にもマンションの雨漏りの原因と考えられる箇所はあります。一度発生してしまうと箇所の特定が難しく長引いてしまうため、その前に定期的な修繕を行うことにより防ぐ必要があります。