家の雨漏りは早めに修繕を

  • RC造マンションの雨漏りについて

    • 鉄筋コンクリート造(RC造)マンションの雨漏りには、いくつかの原因が考えられます。



      まず、屋上の防水が劣化して雨漏りを発生させているケースです。

      屋上の防水工法は塗膜防水やアスファルト防水、シート防水など数種類ありますが、基本的にはやり替えを行うことで雨漏りを食い止めることができます。しかし、屋上防水のやり替えを行っても漏水が止まらない場合があります。
      それは、壁面のクラック(ひび割れ)から雨水が入り込んでいる可能性が高いです。


      RC造のマンションの場合ですと、仕上げはモルタルの上に吹き付け塗装仕上げ、もしくはタイル貼仕上げ、打ち放しコンクリート仕上げが主流ですが、モルタルの経年劣化やコンクリートの中性化などによってクラックが発生します。


      壁面クラック補修の方法としては、エポキシ樹脂を注入したり、Uカット補修を行ったり、防水塗装やカチオンを塗布する方法があります。



      補修方法はクラックの幅や範囲によって異なります。
      それぞれの状態に合った補修方法を選ぶ必要がある訳です。

      goo ニュースの情報といえばココです。

      壁面クラックからの漏水で厄介なことは、漏水箇所が特定しにくいことです。
      室内の雨漏りしている箇所の近くの壁面を補修しても、なぜか漏水が止まらないという事もしばしばあります。

      壁面クラックに関しては、全てのひび割れ箇所について補修を行う必要があると言えるでしょう。

      部分補修では漏水を止めることは困難です。

      特にマンションのような資産ともなるべき建築物においては、その辺りを慎重に取り扱う必要があります。